いたばし花火大会のアクセスは?見どころや有料席、穴場8選も徹底ご紹介!

夏のイベントといえば、なんといっても花火大会ですね。
例年8月の第一土曜日には、多くの場所で花火大会が開催されます。

中でもいたばし花火大会は、戸田橋花火大会と荒川をはさんで同日開催の、規模が大きい大会です。「伝統の隅田川」に対して「実力のいたばし」という別称もあるほど満足度が高い花火大会です。
都内で交通も便利なので、いたばし花火大会にはぜひ行ってみたいですね。

特に初めていたばし花火大会を観覧される方に向けて、いたばし花火大会のアクセス、みどころ、有料席、花火見物の穴場などをいろいろご紹介します。参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

いたばし花火大会のアクセスは?

いたばし花火大会の日程、場所など

いたばし花火大会の日程等の概要です。

■開催日  例年8月の第一土曜日。戸田橋花火大会と同日開催。

2017年8月5日(土)(見込み。未公表)

■荒天の場合  小雨決行、荒天の場合は翌日の日曜日に順延

■打ち上げ時間 19:00 ~ 20:30

■打ち上げ会場  国道17号戸田橋上流板橋側(南岸)荒川河川敷(東京都板橋区・都営三田線側)

■同日開催 戸田橋花火大会

■打上数 戸田橋花火大会と合わせて約12,000発

■有料指定席  あり (1席 2,100円より~(2016年の場合))

■公式サイト

いたばし花火大会
戸田橋花火大会

いたばし花火大会のアクセス


 
●都営三田線 高島平駅、西台駅、蓮根駅下車 各駅より徒歩約20分
●JR埼京線 浮間舟渡駅下車 徒歩約20分
●東武東上線 成増駅、東武練馬駅より、国際興業バス利用
各バス停留所より徒歩約15分

▼駅の混雑状況、注意事項等

●高島平駅
「1~4エリア」「野草広場」「芝生広場」付近で観覧予定の方に便利です。

●浮間舟渡駅
大変混雑します。一般席利用の方は、「高島平駅」利用が望ましいです。
しかし、「14~17エリア」「野球場」付近で観覧予定の方には、「JR浮間舟渡駅」が便利です。

●西台駅
会場中央に近いため大変混雑します。

◆駅の窓口や券売機付近は大変混雑します。
IC乗車券は予めチャージしておきましょう。特にこども料金などで切符を購入する場合には、帰りの切符も駅で購入しておきましょう。

◆バスは交通規制や渋滞などにより時刻表通りに運行できない場合があります。時間には余裕を持って利用しましょう。

◆車での来場はできません。※駐車場はありません

◆自転車は自転車置場に留めての来場です。※会場内に駐輪場はありません。

※当日は各駅とも混雑します。特に浮間舟渡駅と西台駅は大変混雑するので、一般席の「1~4エリア」「野草広場」「芝生広場」付近で見物予定の方は、高島平駅利用をおすすめします。高島平駅よりさらに遠くはなりますが、比較的すいているので新高島平駅」もおすすめです。

なお、上記の徒歩の所要時間は通常の場合であり、花火大会当日は駅も道も混むため、いつもよりかなり時間がかかります。余裕をもっておでかけください。

いたばし花火大会の見どころ

いたばし花火大会の見どころをご紹介します。

◆戸田橋花火大会と同日開催のため、二つの花火大会を同時に楽しめる

荒川の対岸で、戸田橋花火大会と同日開催されるため、両岸で約12,000発打上げられる花火をたっぷり楽しめます。

◆全長700mにわたるナイアガラの滝

ナイアガラの滝

 
全長700mにもなる網仕掛(ナイアガラの滝)を楽しめます。600m +第2ナイアガラの滝 100mです。700mは関東最長級です。
但し、ナイアガラの滝を正面から見られるのは主に有料席からです。しかしナイアガラの滝が見えにくい有料席もあります。一般席からはさらにナイアガラの滝が見えにくいです。

◆尺五寸玉

尺五寸玉

 
開花直径が360mにもなる、都内最大級の尺五寸玉(15号玉)が打ち上げられます。2016年はエンディングなどのほかに、4連発もありました。大きな見どころです!また戸田橋花火大会とともに、尺玉(10号玉)の数も多くて迫力があります。

●都内最大級の尺五寸玉とは?

花火大会で打ち上げ可能な最大の玉の大きさには、各都道府県で定められた「保安距離」が関係してきます。保安距離とは、打ち上げ場所から観客や付近の建物まで玉の大きさに合わせて、一定の距離を置かなければならないという安全距離のことです。法律で定め、都道府県により規定が違います。

市街地などの人口密集地では、花火の玉の大きさや打ち上げ方が制限されてきますが、いたばし花火大会の場合には、河川敷等が広く、打ち上げ場所から観客までの距離を比較的長くとれることから、都内最大級の尺五寸玉(15号玉)の打ち上げができます。

◆夜空の大万華鏡

夜空の大万華鏡

 
夜空の大万華鏡とは、ワイドスターマインのことです。5か所から1000発も打ち上げられ、フィナーレにふさわしく華やかな演出となります。

◆芸術玉

日本全国の花火競技会で優秀な成績をおさめた花火師10名の手による芸術玉が打ち上げられます。繊細な花火はまさに芸術そのものです。

◆2016年には妖怪ウォッチ花火もありました。

スポンサードリンク

いたばし花火大会の有料席

いたばし花火大会には有料指定席が設けられています。

打上場所から近い位置に設置され、花火が見やすいです。ナイアガラの滝を正面から見たい方、席取りなどせずゆったり花火を見たいと方には有料指定席の購入をおすすめします。

有料指定席の種類と値段など

有料指定席の種類と値段などは次の通りです。 (2016年の場合)

 

席種 席仕様 価格 販売
陸上競技場
テーブル付き席
ひじ掛け付き椅子
丸テーブル付き
28,000円 4枚1組 ・ 1組まで
陸上競技場
イス席
パイプ椅子 3,600円 1枚ずつ ・ 8枚まで
陸上競技場
グループ席
シート敷 28,800円 8枚1組 ・ 1組まで
S席 スタンド席 3,100円 1枚ずつ ・ 8枚まで
グループS席 シート敷 24,800円 8枚1組 ・ 1組まで
A席 スタンド席 2,600円 1枚ずつ ・ 8枚まで
グループA席 シート敷 20,800円 8枚1組 ・ 1組まで
芝生斜面
グループ席
芝生斜面席 20,800円 8枚1組 ・ 1組まで
ボックス席 スタンド席 10,400円 4枚1組 ・ 2組まで
B席 スタンド席 2,100円 1枚ずつ ・ 8枚まで

 

有料指定席について

・有料指定席開場:17時
・全席指定・禁煙(喫煙所が設置されます)
・全席プログラム付き。また、芝生斜面席には専用段ボールいす付き。
・陸上競技場席には第2ナイアガラの滝(100m)が設置されています。600mの「ナイアガラの滝」は見えません。また、花火大会終了後、退場規制があります。
・A席・B席・ボックス席・芝斜面席からはナイアガラの滝が見づらいです。(S席からはナイアガラの滝が見えます。)
・チケット購入の際、エリアの指定はできません。

※予算に余裕があれば、第2ナイアガラの滝が見える、陸上競技場席をおすすめします。いたばし花火大会のプレミアム席です。

★購入場所

●直 接 購 入
・セブンイレブン(24時間受付)
・サークルKサンクス(5時30分~26時)
・板橋区観光協会窓口※板橋区情報処理センター6階(平日のみ・9時~17時)

●電話予約  「いたばし花火大会」専用受付電話番号 0570-02-9547(24時間)
●インターネット購入  【チケットぴあ】(24時間)

チケットぴあはこちら
icon

★販売開始

2016年の場合は、6月25日 10時より一般販売開始

★詳細はこちらをご参照ください →いたばし花火大会 / 有料指定席

いたばし花火大会 有料指定席 板橋区内先行販売

有料指定席には板橋区内先行販売があります。一般販売より2週間早く購入できますので、板橋区民の方などは先行販売でご購入されるとよいと思います。

★先行販売期間

6月11日10時~6月17日 (2016年の場合)

★直接購入

・板橋区役所本庁舎1階特設窓口(特定日のみ。10時~17時)
・セブンイレブン(24時間受付)
・サークルKサンクス(5時30分~26時)
・チケットぴあのお店(各店舗営業時間内)
・板橋区観光協会窓口 ※板橋区情報処理センター6階(平日のみ・9時~17時)

★電話予約

0570-02-9547(24時間受付)

いたばし花火大会の穴場はどこ?

有料指定席でなく無料で花火を楽しみたいが、早い時間から席取りするのは嫌、できるだけ混雑しない場所でゆったり花火を鑑賞したいという方に、花火見物の穴場をご紹介します。

戸田公園近くの戸田側河川敷

最寄駅:JR埼京線 戸田公園駅

戸田市側の河川敷ですが、板橋側よりすいています。有料指定席でないとよく見えないナイアガラの滝も、小さいですが、見えるようなのでおすすめです。もちろん打上花火はよく見えます。

戸田競艇場(BOAT RACE 戸田)付近

最寄駅:JR埼京線 戸田公園駅

戸田市側ですが、打ち上げ会場から近く、いたばし・戸田橋両方の花火をたっぷり楽しめます。

笹目橋の上

最寄り駅:西高島平駅

戸田橋の隣の橋です。駅から距離はありますが、戸田橋付近よりはゆったり見られます。

浮間公園

最寄り駅:浮間舟渡駅

場所取りをしている人もいますが、それほど混雑していません。いたばし・戸田橋両方の花火をゆっくり楽しめます。トイレもあるので便利です。

イオン板橋店の屋上

最寄駅:東武東上線 東武練馬駅

花火会場から離れてはいますが、視界を遮るものがないため、花火がよく見えます。例年開放されていますが、今年も開放されるかは事前にご確認ください。
2015年の場合は、17時から整理券2800枚が配布されました。整理券が必要なので、早めの来店をおすすめします。飲食物やトイレの心配がないのもよいですね。

イオン板橋店電話 03-5398-3131

※こちらのブログが参考になります。
いたばし戸田橋花火大会、イオン板橋店(東武練馬)屋上で観てきました、整理券~入場の流れ等

紅梅公園

板橋側の公園です。大混雑はありません。

イトーヨーカドー錦町店の屋上

最寄り駅 戸田駅

花火会場から離れていますが、屋上からきれいに花火が見えます。

今年も屋上が開放されるかどうかはお問合せください。

電話: 048-446-4411

戸田漕艇場付近

最寄り駅:戸田公園

混雑なく花火見物が可能です。

まとめ

いたばし花火大会は戸田橋花火大会とダブルで楽しめ、規模も大きく見どころ満載の都会の花火大会です。

それだけに人気があり大変混雑しますが、比較的戸田側の方がすいているようです。
余裕があれば有料指定席で、無料でもできるだけ混雑しない場所を探して、ゆっくり花火を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です