江戸川区花火大会の屋形船大特集!船宿の料金・料理・乗船場など徹底ご案内!

江戸川区花火大会は139万人もの人が集まる大人気の花火大会です。打上会場付近の江戸川を見ると、たくさんの船が浮かんでいます。川の中から屋形船で花火を鑑賞する人々です。

陸上の混雑を避けて、船上から夜空に広がる迫力ある花火を楽しみたい方には、屋形船からの花火鑑賞をおすすめします。料金は高いですが、お料理、飲物もついていますし、船からの花火の景色は圧巻です。

江戸川区花火大会の設定がある屋形船の各船宿について、その料金やお料理、出船時間、乗船場などについてまとめてみました。乗合船または貸切船にて、花火を存分にお楽しみくださいね。

スポンサードリンク
  

江戸川区花火大会の日程等

江戸川区花火大会は、「市川市民納涼花火大会」との合同開催で、毎年8月の第一土曜日に行われます。日程等は以下の通りです。

◆開催日時

2017年8月5日(土) 19:15~20:30

◆荒天の場合

2017年8月6日(日)に延期 (6日も打上げ不可能な場合は中止)

◆会場

東京都江戸川区上篠崎1-25 都立篠崎公園先 江戸川河川敷

◆アクセス

★江戸川区側
・都営地下鉄新宿線 「篠崎駅」から徒歩15分
・都営地下鉄新宿線 「瑞江駅」から徒歩45分
・JR中央・総武緩行線 「小岩駅」から徒歩25分
・京成本線 「江戸川駅」から徒歩25分

★市川市側
・JR中央・総武緩行線・JR総武快速線 「市川駅」から徒歩15分
・JR中央・総武緩行線・都営地下鉄新宿線 「本八幡駅」から徒歩30分
・京成本線 「国府台駅」から徒歩20分

◆花火打上数

約14,000発

◆人出

139万人(江戸川区側90万人、市川市側49万人)

◆有料席  

江戸川区側なし

市川市側には有料席あり。

◆見どころ

5秒で1000発を打ち上げるオープニングや、圧巻のフィナーレなど、音楽も優れ、変化のある豪華で派手で迫力ある演出が魅力です。打上数も多いです。川も河川敷も広いので、隅田川花火大会より大玉の花火を楽しめます。

◆問合せ先

江戸川区花火大会実行委員会事務局(江戸川区産業振興課内)
TEL 03-5662-0523 

◆公式サイト

江戸川区花火大会

市川市民納涼花火大会

江戸川区花火大会を船から観覧する

江戸川区花火大会は江戸川の河川敷や土手などで観覧する方が大多数だと思いますが、船からも観覧することができます。

ただ、どんな船でも自由に船から花火大会を見ることができるというわけではありません。決まりごとがあります。

花火大会当日の観覧船は大変多く、江戸川水面は大変混雑します。往路や花火大会中も混雑しますが、特に大会終了後の帰路には船舶が江戸川閘門へ殺到して渋滞が発生し、船舶同士の接触等の危険もあります。

そこで、水上の安全確保のため、水上規制が行われ、「指定観覧水域」が設定されます。指定観覧水域内で花火鑑賞をしたい船舶は、事前に花火大会実行委員会への申し込みを行い、標旗を受けて掲げなければなりません。もちろん協賛金も必要です。

標旗のない船は午後2時30分以降、江戸川閘門を通行できません。

※詳しくはこちら →船で観覧を希望される皆様へ

江戸川区花火大会を屋形船から鑑賞する

プレジャーボート等を所有している方は別として、一般の方は屋形船から江戸川花火大会を観覧することができます。

★屋形船の魅力

川から間近で見る花火は圧巻です。
多くの屋形船では展望デッキが用意されているので、陸から見る花火と見る角度も異なり、夜空に打ち上げられる大迫力の花火をすぐ近くから堪能できます。
定員のある屋形船は、人混みの混雑からも無縁で、ゆったり花火を観覧できます。小さな子供連れでも安心です。

★花火大会の屋形船の料金は?

なお、花火大会の屋形船は特別料金となっています。水上の渋滞を避けるため、花火打上時刻よりかなり早い時刻(16時頃)に集合して出航します。また、花火大会終了後も川が渋滞するため、帰着するのは遅い時間となります(22時前後)。このように、長時間(約6時間)乗船したり、また安全確保のためスタッフを増員したりするため、どうしても通常料金より高額になってしまいます。

★貸切船と乗合船

屋形船には概ね30人以上から予約できる貸切船と、2人から乗れる乗合船があります。
屋形船の船宿によって、貸切船と乗合船の両方の設定があるところと、貸切船だけのところがあります。また花火大会などのプランによっても設定が異なることがあります。

個人で気楽に屋形船に乗れるのは乗合船ですね。

主な屋形船の船宿をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

乗合船のある船宿

江戸川区花火大会の屋形船で、乗合船のある船宿をご紹介します。船の数や乗船定員が限られているので、早めのご予約をおすすめします。

あみ達

2017年の貸切船は受付中です。個人で乗れる乗合船の受付はゴールデンウイーク後です。受付が開始されたら、早めのご予約がおすすめです。

●乗合船  2人より受付。
      ゴールデンウイーク後受付(5月8日(月)より受付開始

●貸切船  受付中

●料金

乗合船 一人当たり 29,000円(税込) 

●予約申し込み 電話にて

あみ達 TEL 03-3655-2780

●お料理

刺身、天ぷら、酢の物、茶わん蒸し、うどん、炊き込みご飯、その他いろいろ

●飲物

飲み放題

●乗船場

江戸川乗船場

所在地:東京都江戸川区西瑞江4-1-20

〔交通〕
都営新宿線一之江駅駅ビル口より徒歩3分

※詳しくはこちら >>あみ達

スポンサードリンク

網さだ

2017年の乗合船を受付中です。早めのご予約をおすすめします。
あみ達より料金が安いです。

●乗合船  受付中

●貸切船  受付終了

●料金

乗合船 一人当たり 25,000円(税込) 

●予約申し込み 

網さだ TEL 03-3679-3859

●お料理

鮮魚舟盛、天ぷら、巻き寿司、その他いろいろ

●飲物

飲み放題

●集合場所、時間

一之江駅東口 バスロータリー 16:00集合

集合場所から乗船場まで送迎バスがあります。

●乗船場

一之江乗船場(今井さん橋)

※詳しくはこちら  >>屋形船 網さだ

貸切船のみの船宿

個人で屋形船を利用する場合には乗合船となりますが、職場や地域、趣味の仲間などでグループを作れる場合には、貸切船の利用がおすすめです。気心が知れた仲間と船を貸し切って、花火大会をゆったり楽しめます。

なお、貸切船もやはり船の数に限りがあるので、予定が決まったら、早めのご予約をおすすめします。中には1年前から予約しているグループもありますよ。

貸切船のみの設定ですが、江戸川区花火大会の屋形船のプランがある船宿をご紹介します。

あみ貞(あみてい)

2016年屋形船あみ貞 江戸川区花火大会 屋形船展望デッキからの撮影

 

貸切船  40名より 受付中 

●乗合船  設定なし

●料金

貸切船 一人当たり 28,000円(+消費税)より(別途旗代(入場料)も必要)

●予約申し込み 

あみ貞 TEL 03-3679-3576

●お料理

刺身、天ぷら、その他いろいろ

●飲

飲み放題

●乗船場と出船時間

江戸川あみ貞乗船場。16:00出船。

●帰着時刻

21:30頃

●乗船場地図

江戸川あみ貞桟橋乗船場

あみ貞桟橋は、江戸川区江戸川の今井橋たもとです。

・あみ貞事業所へ行けば、案内してもらえます。
・あみ貞事業所:江戸川区江戸川4-4 TEL03-3679-3576

〔交通〕
・都営新宿線一之江駅より徒歩10分

※詳しくはこちら  >>屋形船 あみ貞

豆や

豆やも貸切船のみです。もうすぐ予約終了となりますので、お早めにお申し込みくださいね。

●貸切船  30名より 受付中 (あと1隻のみ。お早めに)

●乗合船  設定なし

●料金

貸切船 一人当たり 25,000円(+消費税)(別途旗代(入場料)も必要)

●予約申し込み 

豆や TEL 03-3679-2065

●お料理

刺身、天ぷら、その他いろいろ

●飲物

飲み放題

●乗船場と出船時間

豆や桟橋 15:30頃出船

●乗船場地図

豆や桟橋

東京都江戸川区鹿骨6-1-1
TEL 03-3679-2065

〔交通〕

JR総武線 小岩駅または新小岩駅より送迎バスあり

※詳しくはこちら  >>豆や

あみ幸(あみこう)

あみ幸は2017年の貸切船は既に受付を終了しています。2018年以降の利用をご検討くださいね。2018年以降も早めのご予約をおすすめします。

●貸切船  30名より。 2017年は受付締切 

●乗合船  設定なし

●料金

乗合船 一人当たり 22,000円(+消費税)

●予約申し込み (2017年は受付終了

あみ幸 TEL 03-3680-5755

●お料理

刺身、天ぷら、その他いろいろ

●飲物

飲み放題

●乗船場と集合時間

あみ幸桟橋。16:00

●帰着時刻

22時前後

●乗船場

あみ幸浅橋

〔交通〕
〇東京メトロ東西線 葛西駅 (送迎バス約6分)※徒歩の場合、25分
〇都営新宿線 一之江駅 (送迎バス約5分)※徒歩の場合、25分
〇JR京葉線 臨海公園駅 (送迎バス約15分)
〇東京メトロ有楽町線 新木場駅 (送迎バス約20分)

※詳しくはこちら  >>あみ幸

まとめ

江戸川区花火大会には川から花火を鑑賞する屋形船のプランがあります。屋形船の船宿は複数あり、貸切船だけでなく、乗合船もあります。

もし予算に余裕があれば、おいしい料理を味わいながら、頭上に炸裂する迫力ある花火を屋形船からゆったりと鑑賞されてはいかがでしょうか?

※ 江戸川区花火大会の日程、アクセス、見どころ、穴場等についてはこちら →江戸川区花火大会の日程、アクセス、見どころ、穴場情報の決定版はこちら!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です