足立の花火 2016の日程は? 屋形船や、花火が見えるホテル・レストランをご紹介!

今年も足立の花火が開催されます。

第38回足立の花火は、2016年7月23日(土)です。

東京の花火大会皮切りとして大変人気があり、週末開催のためとても混雑します。

足立の花火 2016の概要や、屋形船情報、花火が見えるホテルやレストランなどをご紹介します。

スポンサードリンク

足立の花火 2016の概要、有料席など

足立の花火2015 ダブルレインボー出現

 

夏といえば花火大会ですね。東京の花火大会のスタートといえるのが、7月に行われる足立の花火です。

足立の花火は例年7月最終土曜日の2日前の木曜日(隅田川花火大会の2日前)でしたが、2013年より、7月第3土曜日(隅田川花火大会の1週間前)に変わりました。

連続して開催される花火大会の皮切りなので、待っている方も多く、大変人気があります。

都心で開かれ、打ち上げ会場も最寄り駅から徒歩15分の荒川河川敷と大変便利です。

付近に高層ビルなどは少ないので、とてもよく見えて楽しめます。

1時間の間に約13,500発も打ち上げられるので、花火の密度が高く、迫力十分です。

足立の花火 2016の概要は次の通りです。

足立の花火 2016の概要

■日時

2016年7月23日(土) 午後7時30分~8時30分
※荒天の場合は中止

■会場

荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
打上場所は千住側(堤南)

■アクセス

【堤南側】
東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩約15分
日暮里・舎人ライナー足立小台駅から徒歩約25分

【堤北側】
東武線小菅駅・五反野駅・梅島駅から徒歩約15分

■有料席

千住側土手の斜面に設置(料金未定)※6月販売予定

■花火の種類

打上花火、スタ-マイン、小型煙火、仕掛花火(足立名物のナイアガラなど)を予定

■打上げ玉数 約13,500発

■問い合わせ先

〒120-8510
東京都足立区中央本町一丁目17番1号(足立区役所南館4階)
一般財団法人足立区観光交流協会
電話:03-3880-5853

■公式ページ

>>【第38回足立の花火】

■会場案内

>>会場案内

■車両通行止

>>車両通行止めのお知らせ

おすすめの観覧場所

打上場所のある千住側(堤南側)は、北千住駅という便利な駅から歩けることもあり、、非常に混雑しますのでおすすめしません。観覧エリアも狭いです。

西新井(堤北)側の河川敷の方が観覧エリアも広く、千住側よりもゆったりと花火を楽しめますので、堤北側がおすすめです。

東武線小菅駅・五反野駅・梅島駅の3駅からどこでも徒歩約15分です。

足立の花火 屋形船情報

第37回足立の花火 2015年7月18日 フィナーレ

 

花火会場の西新井橋~千住新橋間では、プレジャーボートでの観覧は禁止です。

許可を受けた屋形船・クルーズ船からは花火を鑑賞することができます。

屋形船のスカイデッキから見る花火は非常に迫力があり、毎年のリピーターもたくさんいます。

ただ、花火観覧の屋形船はほとんど貸切のみとなっています。

個人で乗船したい方は、乗合屋形船がある「船宿あみ達」などにお問い合わせください。

以下が、運航予定の屋形船です。

★船宿あみ達

料金:23,000円(税込)(乗船料+お食事代+飲み放題)(貸切 30名以上)

乗合屋形船は5月上旬頃に詳細決定です。乗合なら、個人でも乗船できます。

乗合屋形船 料金:24,500円(税込)

スポンサードリンク

http://www.amitatsu.jp/hanabi/

★ぽけかる倶楽部

清澄白河より乗船

料金:18,000円(乗船料+お食事代+飲み放題+添乗員付)

開催時間:16:00~22:00

http://www.poke.co.jp/book/calendar.php?eventid=P007898

★深川 瀬川丸

料金:15,000円(税込)(乗船料+お食事代+飲み放題)(貸切 30名以上)

http://www.segawamaru.com/hanabi.html

★屋形船 網さだ

料金:20,000円(税込)(貸切 30名以上)

http://www.amisada.com/hanabi/

足立の花火が見える ホテル・レストランをご紹介

混雑する街中や花火大会周辺を避け、お部屋からゆったりと花火を楽しみたい方は、ホテルやレストランからの花火鑑賞がおすすめです。

花火が見えるホテル

足立の花火の会場の北千住付近には、ほとんど高層ビルがありません。またホテルも少ないです。

花火が見えるホテルは限られてしまい、以下のホテルくらいしかありません。

こちらのホテルは管理人も泊まったことがありますが、女性向けでもある1ランク上のビジネスホテルで、非常に快適なのでおすすめです。

★ホテルココグラン北千住

足立区千住3-40-2

TEL: 03-5284-1155

http://www.cocogrand.co.jp/kitasenju/

花火が見える部屋かどうか不明ですが、7月23日に少しですが空室がまだありました。ご予約はお急ぎください。花火が見える部屋とリクエストしてくださいね。

>>ホテルココグラン北千住 7月23日宿泊(楽天トラベル)

花火は見えないかもしれませんが、花火終了後、北千住以外の足立区のホテルに泊まるのならこちらです。

>>7月23日宿泊 足立区のホテル(楽天トラベル)

花火が見えるレストラン

花火が見えるレストランは次の通りです。20階なので、眺めがよいです。お早めにご予約くださいね。

★フランス料理 タピルージュ

足立区千住1-4-1    東京芸術センター20F
(JR北千住駅より徒歩8分)

電話:03-5284-1590

http://www.e-celebration.co.jp/index.html

まとめ

花火大会ラッシュの先頭を切って開催される足立の花火は、花火好きにとって「待ちに待った季節のうれしい花火大会」ではないでしょうか。

足立区民だけではなく、周辺からたくさんの人が訪れるので混雑は必至です。

でも西新井(堤北)側の河川敷なら広いので、席がないということもありません。有料席もありますが、無料でも十分楽しめます。

花火大会の第一陣をたっぷり堪能して、次の花火大会に進みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です