層雲峡の行き方とビアグリルキャニオンのランチ、ロープウェイ等~層雲峡旅行記(1)

北海道の層雲峡に一人旅してきました。

釧路に用事があり、その前に層雲峡を観光することにしたのです。

東京から層雲峡までの行き方、層雲峡の観光スポット(ビアグリル キャニオン、層雲峡黒岳ロープウェイなど)について旅行記をまとめました。

スポンサードリンク
  

層雲峡への行き方

層雲峡まではこのように行きました。

自宅→羽田空港→(飛行機:JAL)→旭川空港→(バス)→旭川駅→(バス)→層雲峡

一人旅で運転に不安があるので、レンタカーは借りずに、公共交通機関を利用しました。詳しく説明します。

羽田空港→(飛行機:JAL)→旭川空港

航空券の手配

私はJALカード会員のJALマイレージバンク会員で、いつも公共料金支払いやショッピングにJALカードを使ってマイルを貯めています。飛行機の旅はマイルがあればいつも無料で行かれるので便利です。

今回もマイルを使って無料で旭川に飛ぶことにしました。使うマイルは15,000マイルです。

マイルを使って無料で飛行機に乗れる「特典航空券」の予約は、「搭乗日の2カ月前の同日から、搭乗日4日前まで」できます(もちろん空席があればですが)。

ですから、今回も搭乗予定日の2か月前の朝、座席指定も含め、予約しました。チェックインは、「タッチ&ゴー」です。帰りの飛行機は2か月前より前になってしまいますが、同時に予約することができます。帰りの釧路→羽田便も予約しました。

羽田空港のチェックイン

預ける荷物がない場合は、「タッチ&ゴー」の場合、直接羽田空港の保安検査場に行って端末にJLAカードをかざせば、「ご搭乗案内」が発行され、そのまま入れます。チェックインカウンターに並んだりしなくてよいので便利です。

搭乗口でも同様に端末にJALカードをかざして搭乗します。

予約に使ったJALカードさえ持っていけば飛行機に乗れるので便利でした。

旭川空港に到着

乗った便は JAL551便  東京(羽田) 7:50発 → 旭川 9:25着です。

揺れることもなく、ほぼ時間通り、スムースに到着しました。
 
s-DSCF9341

着いて感じたこと。さっ寒い! 6月だというのにかかなり寒いです。天気予報で予想してはいたものの、想像以上でした。

持って行った長袖のブラウス、セーター、薄手のコートを全部着こみましたが、まだちょっと寒かったような。。。でもバスに乗ってしまえば大丈夫でしょう。

旭川空港→(バス)→旭川駅

旭川空港ではバス乗り場で2台のバスが待っていました。

バス乗り場1(バス乗り場に向かって左側)は、旭川市内行き。
バス乗り場2(バス乗り場に向かって右側)は、旭山動物園行き。

旭川の観光といえば、なんといっても旭山動物園ですよね。旭川空港から直行便が出ているなんてさすがです。
 
私はもちろん「旭川市内行き」に乗りました。

s-DSCF9342

旭川空港 9:55 発 → 旭川駅 10:25 着  大人 620円です。

大きな荷物はバスのトランクで預かってくれます。

詳しくはこちら

バスによるアクセス案内 | 旭川空港ターミナル

旭川市内行き バス時刻|旭川電気軌道株式会社

旭川駅→(バス)→層雲峡

旭川駅前のバスターミナル 7番乗り場から、層雲峡行きのバスに乗りました。シーズン前の平日のためか、空いていました。
 
旭川駅前

s-DSCF9348
 
7番乗り場

s-DSCF9349
 
バスの時刻表

s-DSCF9347

旭川駅前 10:45 発 → 層雲峡 12:35 着  大人 2,100円です。

約2時間かかるバスの旅です。実は旭川から層雲峡まで無料で行かれる方法もあります。
それは、層雲峡のホテルの送迎バスを利用する方法です(こちらのページに後述します→)
それを知っていたのですが、層雲峡にはなるべく早く到着したかったので、お金はかかってもこの路線バスを利用しました。

詳しくはこちら

道北バス株式会社

上川・層雲峡線 時刻表

層雲峡 ビアグリル キャニオンでランチ

層雲峡のバスセンターについたのが、12時半過ぎ。すっかりランチの時間です。

ネットで見つけて評判もいいイタリアン レストランの「ビアグリル キャニオン」に行きたくて、バスセンター(兼観光・宿泊案内所)の女性に場所を聞きました。

層雲峡温泉 ミニ観光マップももらいました。このマップがとても役立ちました。

観光のこともいろいろ尋ねると、「まず荷物をホテルに運んでもらったら」と言って、ホテルに電話してくださいました。ホテルは層雲峡 朝陽亭です。

朝陽亭の方がすぐ車で来てくださって、私のキャスターバッグとリュックを運んでくれました。
バッグひとつになって身軽になり、ビアグリル キャニオン(→こちら)へ。

 
ビアグリル キャニオンは「黒岳の湯」の建物1階にあります。

s-DSCF9461

s-DSCF9462

s-DSCF9460
 
店の入り口

s-DSCF9459

 
メニュー見本

s-DSCF9458

平日だったので、お得なランチメニューがあります。ランチプレートや、パスタランチなど。コーヒー無料です。

私が注文したのは、層雲峡渓谷イタリアンハンバーグランチ(上川産渓谷味豚と牛肉の合挽き肉を使ったハンバーグに特性トマトソースとグラナパダーノチーズ)です。880円

 
まずスープがきました。ミネストローネ風かな。味は普通です。

s-DSCF9350

 
ハンバーグセットです。ライスは少なめにしてもらいました。

s-DSCF9351

ハンバーグは厚くてやわらかく、おいしかったです。直径が小さいのでもう1個食べたかったかも(笑)。コーヒーも無料だったのでおかわりしてしまいました。これで880円はとてもお得でした。

店内には欧米人の3人組(男性1人、女性2人)もいました。個人旅行客でしょう。層雲峡は欧米でも有名なのでしょうか?

層雲峡 ロープウェイとリフトで黒岳観光

お腹もいっぱいになったので層雲峡観光スタートです。行くのはもちろん大雪山・層雲峡ロープウェイです。

実は層雲峡は初めてではありません。学生時代の夏、層雲峡ユースホステルに泊まり、ロープウェイ、リフトに乗り継ぎ、そこから黒岳登山もしたことがあるのです。登山のとき、リスにも出会えてかわいかったです。若かったから片道1時間の登山も苦ではありませんでした。

今回も黒岳登山しようかな、とちょっと考えて層雲峡観光協会(→こちら)に電話してみました。

黒岳登山はロープウェイの終点(5合目)からリフトに乗り継ぎ、リフトの終点(7合目)から約1時間で登れます。石がごろごろしている道ですが、普段歩きなれている人ならそれほどむずかしくありません。 ゆっくり登っても1時間半くらいとのことでした。

ただ6月の今の時期は山開き前で雪もあります。スニーカーでは無理でトレッキングシューズ以上でないと無理なようでした。

ということで、あっさり登山は断念してしまいました。もともと登山は好きというわけではなく、今回もトレッキングシューズを履いていくほどの根性はなかったのでした。

※後日ビジターセンターのページを見たら、「雪があり凍結しているので、アイゼンとストックが必要。登山靴では滑落の危険性あり」と書いてありました。やはり登らなくて正解だったようです。

 
大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイの山麓駅

s-DSCF9352

ロープウェイのチケットを買いました。往復1,950円です。20分置きに発車します。
 
上りの時刻表

s-DSCF9360

スポンサードリンク

黒岳五合目情報が提示してあり、この日は「気温:0℃、風速:8 m/s 、天候:濃霧、視界:Bad」とのこと。雨こそ降っていませんが、「寒くて、濃霧のため何にも見えない」ようでした。

ロープウェイは層雲峡のメインの観光スポットなので、中国語を話す団体がいくつも来ていました。

中国人の爆買いが有名ですが、「中国語を話す団体」は中国本土の人とは限りません。台湾やシンガポールからもたくさんの観光客だ団体で来ているのです。
 
上に見えるのがロープウェイの山頂駅(黒岳五合目)

s-DSCF9354
 
ロープウェイから見た景色

s-DSCF9361

s-DSCF9362

 
下りのロープウェイにあう

s-DSCF9365
 
山々

s-DSCF9367
 
上から見た層雲峡温泉街

s-DSCF9372

ロープウェイ山頂 黒岳駅(五合目)(1300m)に到着し、寒いのでビニールレインコートを借りて着ました。
 
黒岳駅

s-DSCF9405
 
五合目付近は遊歩道になっています。

s-DSCF9399

まず、200m先のリフト乗り場に行くことにします。
 
リフト乗り場です(1320m)。ここでリフトのチケットを買います。往復600円。

s-DSCF9374
 
リフト乗降所

s-DSCF9398
 
リフトは15分くらい乗ります。雪が残っています。

s-DSCF9376
 
スタッフの方が作業しています。

s-DSCF9378
 
黒岳山頂が見えてきました。

s-DSCF9381
 
もうすぐリフトの終点です。

s-DSCF9382
 
リフト降り場 黒岳七合目に着きました。(1520m)

s-DSCF9384

 
七合目展望台です。視界が悪くあまり見えません。

s-DSCF9385

s-DSCF9386

s-DSCF9387

 
リフト終点にある建物(黒岳ロッジ?)。休憩所がありコーヒーも飲めます。
登山する人はここで名前を書くことになっています。
 
まわりには雪が残っていて、寒いし、登山はやめにして正解だったかなと確信(笑)してしまいました。

s-DSCF9383

s-DSCF9390
 
リフト降り場

s-DSCF9391

 
リフトの下り
山が美しく、本当に感激しました。

s-DSCF9395

リフトを降りてから、黒岳五合目を散策しました。
ガスってはいるものの、残雪の山々がきれいです。
 
高松台などから見た山々

s-DSCF9400

s-DSCF9401

s-DSCF9402

s-DSCF9406

s-DSCF9410

黒岳山頂まで行かなくても山の景色は素晴らしく、本当に行ってよかったな、と思いました。少しのお金と時間で、都会ではあじわえない体験ができるのです。

癒されます。大雪山はすてきです!
 
ロープウェイ料金表(下り)・営業時間」

s-DSCF9411
 
下りのロープウェイ運行時刻

s-DSCF9412

 
黒岳駅(五合目)内の売店

s-DSCF9413

下りのロープウェイに乗り山麓駅まで降りて、今日の観光はおしまい。
 
ロープウェイ駅近くの層雲峡神社

s-DSCF9415

ホテルまで歩きます。層雲峡 朝陽亭はちょっと高いところにあります。でも近くです。

ホテルの層雲峡 朝陽亭については次の記事をご参照ください。
層雲峡 朝陽亭に泊まった感想!部屋、温泉、食事、バス送迎等~層雲峡旅行記(2)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です