香嵐渓 紅葉の見ごろと駐車場・渋滞回避情報はこちら!紅葉 ツアーも

香嵐渓(こうらんけい)は東海地方随一の紅葉の名所です。一方で紅葉の時期は非常に渋滞することでも有名です。

そこで、香嵐渓の紅葉を車で見に行く方のために、紅葉の見ごろ、駐車場情報、渋滞回避法、渋滞迂回路などをまとめてみました。渋滞して苦労するのならいっそのこと自分で運転するのはやめて、ツアーを検討している方に香嵐渓の紅葉のツアー情報も。

スポンサードリンク
  

香嵐渓 紅葉 見ごろ

香嵐渓(こうらんけい)の紅葉 例年の見ごろは 11月中旬~12月上旬頃です。

見ごろを含めた、香嵐渓 紅葉の基本情報は次の通りです。

香嵐渓 紅葉の基本情報

●例年の色づき始め:11月中旬

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

●紅葉祭り:香嵐渓もみじまつり 11月1日~11月30日[問合せ先:足助観光協会0565-62-1272]

●紅葉する木の種類:イロハモミジ、オオモミジ、ウラエンコウカエデなど11種類

●おすすめスポット:待月橋付近、モミジのトンネル

●住所: 愛知県豊田市足助町

●交通アクセス:

【電車】
●名鉄豊田線 浄水駅下車、とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)約60分
●愛知環状鉄道 愛環四郷駅下車、とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)約50分
●名鉄三河線 豊田市駅下車、名鉄バス矢並線(足助行)約45分
●名鉄名古屋本線 東岡崎駅下車、名鉄バス岡崎・足助線(足助行)約70分
(東岡崎駅経由でのお帰りのバスの便は18時以降はありません。)

詳しくはこちら →公共交通機関マップ

【車】

・東海環状自動車道 豊田勘八IC下車、国道153号飯田方面へ13キロ もしくは

・猿投グリーンロード力石IC下車、国道153号飯田方面へ9キロ

【関東方面から】
・東名高速道路 豊田JCTから東海環状自動車道 豊田勘八ICを下車。国道153号を飯田方面(東)へ約13㎞。もしくは

・東海環状自動車道 豊田松平ICを下車。県道39号線を東へ約14㎞(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車約12㎞)

【関西方面から】
・東名阪自動車道、伊勢湾岸自動車道経由、東海環状自動車道・豊田勘八ICを下車。国道153号を下車。県道39号線を東へ。もしくは、

・東海環状自動車道・豊田松平ICを下車。県道39号を東へ約14㎞。(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車約12㎞。)

詳しくはこちら →香嵐渓・足助アクセスMAP

●駐車場 有料

●注意事項 名鉄名古屋本線東岡崎駅からのバスは土・日・祝日の紅葉ピーク時は2時間以上かかる場合も。

●お問合せ 0565-62-1272 足助観光協会

●HP 足助観光協会

※みどころマップはこちら →見どころマップ2016

香嵐渓 紅葉のライトアップ

上の基本情報でもわかる通り、香嵐渓の紅葉の見ごろは 11月中旬~12月上旬です。
また11月1日~11月30日は、香嵐渓もみじまつりが開かれ、紅葉のライトアップがあります。

ライトアップの時間は日没~午後9時までです。

ですから、香嵐渓の最も見ごろな時期は、中旬だとまだ色づきが十分ではないので、11月下旬と思われます。

紅葉の時期が遅れる場合には見ごろのピークは12月になってしまうかもしれませんが、もみじ祭りは11月中で、12月まで延長されません。12月にはライトアップもなくなるので、やはり行くなら11月中がのぞましいでしょう。

香嵐渓の駐車場情報

香嵐渓の公共の駐車場の場所

香嵐渓の公共の駐車場案内図は次の通りです。

●宮町駐車場:     バイク駐車場有
●支所前駐車場: バイク駐車場有
●西町第一駐車場:
●西町第二駐車場:
●交流館駐車場:  
●落部駐車場:
●川見駐車場: 自転車駐車場有                    
●多目的広場駐車場: バス専用 
●旧岩神の湯駐車場:
●足助グランド: (臨時駐車場) 
●足助中学校グランド: (臨時駐車場)
●足助小学校グランド: (臨時駐車場)

※車椅子は、宮町・西町第二駐車場に有ります。

公共駐車場は基本的に24時間入れます。係員がいなくても駐車券をワイパーにはさんでくれるなどして、料金を払えるようになっています。

※駐車場案内MAPはこちらです →駐車場案内マップ

※迂廻路案内MAPはこちらです →迂回路案内マップ

スポンサードリンク

★おすすめの駐車場

以下の3つは香嵐渓に近く、トイレもあるのでおすすめです。

●宮町駐車場(200台)
●豊田市役所足助支所(120台)
●西町第二駐車場(70台

土日(祝)なら、以下の臨時駐車場がおすすめです。

●足助小学校
●足助中学校
●足助グラウンド

香嵐渓の公共駐車場の料金

●普通車1,000円/回

●観光バス(マイクロバスを含む)3,000円/回
 ※混雑時は、『宮町駐車場』を乗降の場とし、空車は『多目的広場』で駐車。

中央駐車場もあります(民間)

中央商店街で買いものをすると、各店舗(加盟店)にて中央駐車場の無料利用券が発行されます。無料で駐車したい方におすすめです。

●住所: 豊田市足助町今岡5-4
●TEL: 090-1416-6511
●営業時間:8:30~16:30
●定休日:火曜日、土、日曜日(もみじまつり、中馬のおひなさん期間中は無休)
●料金:400円/日、もみじ祭り800円/日、中馬のおひなさん600円/日

地図はこちら → 中央駐車場

香嵐渓の民間駐車場

香嵐渓の周辺にはあちこちに民間駐車場があり、おばさまが呼び込みをやっていたりします。中には料金が500円や700円のところもあるようですので、みつけたらお得です。

渋滞しているときは駐車場も混みます。入れる駐車場をみつけたらすかさず停めてしまうのがいいかもしれません。

香嵐渓 紅葉の時期の渋滞回避策と渋滞回避ルート

とにかく紅葉の時期の香嵐渓周辺道路は信じられないくらい混みます。そしてやっと到着したと思ったら、駐車場が満車で空車待ちでまた混雑したり。とか大変です。

そこでどうしたら渋滞を避けることができるのか、アイデアをお届けします。

とにかく早めに着き、早めに帰るく

夜や超早朝に出発し、とにかく早く着くのが一番です。

平日でも朝8時、土日なら7時には駐車場に到着するよう、日程を組みましょう。

なお、帰る時間は午後2時ごろにしましょう。ライトアップは見られませんが、早く帰るのが一番です。

ライトアップ目的の方は

ライトアップ(日没~午後9時)の見物目的の方は、午後2時頃着くようにしましょう。2時頃になると帰り始める車もでて、駐車場もすいてきます。

渋滞情報、駐車場空車情報の収集

以下のサイトで、香嵐渓渋滞長情報駐車場の空車情報が見られます。アクセスして確認しましょう。

参照サイト → 香嵐渓駐車場

※渋滞長情報の配信予定日は次の通りです。(2016年の場合)
名古屋方面(R153号):11月12,13,18~29日
稲武方面(R153号):11月20,26~27日
則定方面(県道岡崎足助線):11月20,26~27日

渋滞回避のおすすめルート

稲武方面から行くこと がよいようです。

くわしくは、こちらのブログを参考にしてください(地図もあります)。

 >>香嵐渓の渋滞回避のおすすめルート

こちらのブログでもくわしいです。

 >>渋滞回避ルート

渋滞回避ルート


 

香嵐渓 紅葉ツアーとホテル

香嵐渓の渋滞の中で運転するのは非常に疲れます。ツアーでも渋滞は避けられませんが、運転して疲れるよりはいいかもしれません。

ツアーなら香嵐渓以外の紅葉スポットや周辺のいろいろな観光地へも行けますので、楽しいですよ。

[香嵐渓以外の観光地の例]

寂光院、大井川鐵道SL列車、寸又峡、なばなの里 イルミネーション、伊勢神宮、伊勢湾クルーズ 、湖東三山めぐり 他いろいろ

クラブツーリズムの香嵐渓へ行くツアーは、日帰り、1泊、2泊など多彩にあります。

下記ページの下の方の「おすすめ特集から探す」の中から「紅葉ツアー特集」のバナーをクリックして、香嵐渓のツアーをみてくださいね。

クラブツーリズム >>TOP

ツアーに参加せず、ホテル宿泊の方はこちらです。 >>香嵐渓周辺のホテル(楽天トラベル) 

まとめ

中部地方で最も有名な紅葉スポット香嵐渓は一度は行きたいところですね。

なるべく渋滞を避ける工夫をしながら、紅葉とライトアップをたっぷり楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です