東京ドイツ村 イルミネーション デートに! 期間・アクセス・混雑回避・周辺観光スポットはこちら!

東京ドイツ村関東三大イルミネーションのひとつです。広大な敷地に展開されるLEDの光の世界はとても感動的です。

東京ドイツ村に車でウインターイルミネーション デートに訪れるカップルに向けて、イルミネーション期間、アクセスや見どころ、混雑回避方法、周辺の観光スポット・ホテルなどをご紹介します。

スポンサードリンク
  

東京ドイツ村 イルミネーションの期間


 
東京ドイツ村のウィンターイルミネーション (2016~2017)の開催期間は

2016年11月1日(火)~ 2017年3月31日(金)です。

今回のテーマ:”大冒険~Doki★Doki★Smile~”

点灯時間:日没から

東京ドイツ村 の基本情報(イルミネーション期間中)

・住所: 〒299-0204千葉県袖ケ浦市永吉419
・電話番号:0438-60-5511
・営業時間(イルミネーション期間中):
     9時30分~20時(最終入場19:30)
・定休日:年中無休

・料金(イルミネーション期間中):
◆車の場合:駐車料金のみ [乗用車:2000円]

◆車以外の交通機関等 徒歩入園の場合:1人 500円(4歳以上)  

・公式サイトURL: http://t-doitsumura.co.jp/

東京ドイツ村 イルミネーションのみどころ(ウインターイルミネーション)

●関東三大イルミネーションのひとつです。

東京ドーム27個分の広大な芝生広場を活用し、スケール感あふれるイルミネーションが展開されます。

(※関東三大イルミネーションの残りの2つは、「あしかがフラワーパーク」と「江の島 湘南の宝石」です。)

●毎年変わるテーマ

イルミネーションのテーマは毎年変わるので、何度行っても飽きません。

●光のトンネル

光でできたトンネルの中を散歩できます。

●3Dイルミネーション

芝生広場を使ったイルミネーションは、観覧車から見ると特に立体的に見えて感動的です。

●マイカーでの入園ができる

広い園内を車で移動できるのがとても便利です。

東京ドイツ村のアクセスは?

東京ドイツ村のアクセス 車で行く場合

 
東京ドイツ村には自動車のまま入園できます。

車でのアクセスは次の通りです。

●館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」の出口を出てつきあたりを右折 約3km、5分

●圏央道「木更津東IC」から約8分

東京ドイツ村のアクセス 電車・バスで行く場合

●イルミネーション期間中

※イルミネーション期間の運行日(毎日ではありません)には袖ケ浦駅からシャトルバスが出るので、それを利用するのが便利です。(混雑する日にはかなり待つこともありますが。)

電車(袖ケ浦駅)→シャトルバス→東京ドイツ村

●通常の場合

電車(袖ケ浦駅)→路線バス→東京ドイツ村 となります。

◆平日

袖ケ浦駅発 路線バス 平川行政センター行き 「農協平岡支店前」下車徒歩15分

◆土日祝(8/13~15,12/29~1/3も運行)

袖ケ浦駅発 路線バス 東京ドイツ村行き 「東京ドイツ村」下車

東京ドイツ村のアクセス 高速バスで行く場合

車以外で東京ドイツ村に行く方は、こちらの方法が一番都合がよいかもしれません。
特に千葉駅に行くのが便利な方は、カピーナ号の利用が便利です。

●JR千葉駅より

高速バス「カピーナ号(千葉~鴨川線)」、東京ドイツ村下車

なお、夕方~夜の時間帯はバスが東京ドイツ村に停車しないので、帰りは、バス停 平岡小前発まで歩いて、18:43・21:18 発のバスを利用してください。

●アクアライン高速バス

横浜・川崎、品川・新宿→アクアライン高速バス →袖ケ浦バスターミナル

◆平日

袖ケ浦バスターミナル発 路線バス 平川行政センター行き 「農協平岡支店前」下車徒歩15分

◆土日祝(8/13~15,12/29~1/3も運行)

袖ケ浦バスターミナル発 路線バス 東京ドイツ村行き 「東京ドイツ村」下車

スポンサードリンク

東京ドイツ村 イルミネーション期間の混雑回避方法

東京ドイツ村はイルミネーション期間中、土日祝日と12月~1月上旬は大変混雑します。
イルミネーション期間中の特定日に運行される、東京ドイツ村と袖ケ浦駅間のシャトルバスも、寒い中、1時間以上も待たなくてはいけないこともあります。

混雑を回避する方法の案です。参考にしてください。

(1)平日に行く。11月、1月中旬以降に行く。

混雑ピーク時を避けて、できるだけ平日や、11月、1月中旬以降に行きましょう。

(2)早い時間に入園する

イルミネーションは暗くなってからなので、夕方以降に入園したいところですが、その時間ではもう混雑して、駐車場もいっぱいになってしまいます。

お昼を食べたら午後一番で行くなど、できるだけ早い時間に入場することをおすすめします。

園内にはパターゴルフやアーチェリー等の施設があり、大人も楽しめますので早く入園しても困りません。

(3)高速バスを利用する

車で行くと、どうしても姉崎袖ヶ浦IC付近などが渋滞します。駐車場も満車になったりします。

それなら、千葉までJRで行き、千葉からの高速バス「カピーナ号」を利用されたらいかがでしょうか?

帰りはバス停 平岡小前発まで歩くことになりますが、姉崎袖ヶ浦IC付近などの渋滞とは無縁で帰れます。

東京ドイツ村 周辺の観光スポットは?

東京ドイツ村には早めに入園した方が混雑は避けられるのですが、せっかく行くのだから、ほかの場所も観光したいという方に、周辺の観光スポットをご紹介します。ホテルに宿泊して翌日に観光してもよいですね。

■袖ケ浦市

★袖ケ浦公園

四季折々の花が鑑賞できます。

 
★袖ヶ浦海浜公園

8ヘクタールもある広い公園です。サイクリングロードもあります。

 
■木更津市

★三井アウトレットパーク 木更津

ショッピングや食事に楽しく時間を過ごせます。

 
★證誠寺

童謡「しょうじょうじの狸ばやし」で有名なお寺です。

 
★太田山公園

園内にある「きみさらずタワー」は東京湾、富士山まで見渡せる穴場スポットです。

東京ドイツ村周辺のホテル

イルミネーションを鑑賞した後、遅い時間に車を運転して遠くまで変えるのは大変です。ゆっくり近くのホテルに宿泊されたらいかがでしょうか?

夕食は東京ドイツ村でとり、ホテルでは朝食だけでもよいと思います。

東京ドイツ村周辺のホテルはこちらです。

東京ドイツ村周辺のホテル(楽天トラベル)

まとめ

東京ドイツ村は一度は行きたいイルミネーションスポットですね。

車で入園できて、料金は駐車料金のみとお安いです。車が便利ですが、クリスマスなどは激混みなので、なるべく平日に行くのをおすすめします。

ゆったりとイルミネーションを楽しんで、二人のロマンティックな思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です