ラグーナテンボス イルミネーションの時間は? アクセス・駐車場・混雑回避法をご紹介!

ラグーナテンボスのラグナシアで開催されるイルミネーションは、3大マッピング&3大イルミネーションとして大変有名で人気です。

ラグーナテンボス ラグナシアのウインターイルミネーションを見に、デートで車で訪れるカップルに向けて、イルミネーションの時間・内容、アクセス・駐車場・混雑回避法、周辺ホテルについてまとめました。

スポンサードリンク
  

ラグーナテンボス イルミネーションの時間は?

ラグーナテンボス ラグナシアのウインターイルミネーションの期間・時間

【点灯場所】ラグーナテンボス ラグナシア

【点灯期間】

2016年度は次の日程です。

2016年11月3日(木・祝)~2017年3月31日(金)

【点灯時間】17:00~22:00 プログラムにより異なります。

【料金】

★ラグナシア 入園券(入園+ショーなど)

大人(中学生以上)2,150円、小学生 1,200円、幼児(3歳以上) 700円

★ラグナシア パスポート(入園+乗り物フリーパス+ショーなど)

大人(中学生以上)4,100円、小学生 3,000円、幼児(3歳以上) 2,250円

★スターライトチケット(16:00から入園でき、夜のイルミネーションや花のライトアップ、マッピングショーなど観覧可能)

大人(中学生以上)1,550円、 小学生 800円、幼児(3歳以上)500円

★ナイトパスポート(16:00からのアトラクション乗り放題。入園券は別途必要)もあります。

【問い合わせ】
0533-58-2700 ラグーナテンボス インフォメーションセンター

【公式サイト】 http://www.lagunatenbosch.co.jp/

ラグーナテンボス イルミネーションの内容

ラグーナテンボス ラグナシア ウインターイルミネーションは、3大マッピング&3大イルミネーションが有名です。各会場をくまなく見て、たっぷり楽しんでくださいね。

マッピングは時間をずらして行われますが、一部は同時に行われるかもしれません。マッピングの時間を確認して会場に移動なさってくださいね。

※ 2016年~2017年のイルミネーション内容です。

3大マッピング

★360°3Dマッピング ネージュ

日本初。四方を壁で囲まれた広場で繰り広げられる360°3Dマッピングの新作です。プロジェクションマッピングは、美しい光の世界や、かわいらしいお菓子の家を表現。そこにショーキャストの演出もプラスされる、メルヘンの世界です。

場所:ラグナシア ゼフィロス広場
 

★カーアクションマッピング「AMAZE(アメイズ)」

日本初のカーアクションマッピング。レクサスRCにプロジェクションマッピングを投影します。バハムートの神殿の壁面をスクリーンとして、車が猛スピードで疾走します。実際の車に合わせたマッピングで、スピード、迫力がありますよ。

 
★ウォーターマッピングショー「AGUA(アグア)」

水上マッピングがたっぷり楽しめます。正面の席をとるためには早く行く必要があります。有料観覧席もあります。

3大イルミネーション

★「幸運のレインボーアーチ」

100万球を超えるアーチ形イルミネーションです。アーチの下をくぐって歩けます。

 
★「光の草原」

シンボルツリー(直径13m、高さ10m)とランタン約3000個を使った幻想的なイルミネーションです。

 
★「スノープラネット」

プールにホワイトとブルーのイルミネーションが敷き詰められて、光の海ができあがります。その上に輝いているのが高さ6mの鮮やかな雪の結晶です。

新作・期間限定

新作です。

★ジュエルガーデン フラワーイルミネーション 

2016年初登場。中心のビーチに「光の花」をイメージした最新技術の小型LEDを用いた水中イルミネーションです。

場所:ラグナシア フラワーラグーン内
 
期間限定です。

★花火スペクタキュラ ラ・レーヴ・デ・ノエル

花火、映像、噴水や炎、ショーキャストのパフォーマンスがコラボ!クリスマス期間限定の花火ショーです。

開催日:12月17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)~30日(金)
時間:20:45~
場所:ラグナシア ルナポルト付近

イルミネーション鑑賞時の注意

冬の時期なので夜は冷えこみます。会場にはストーブがところどころに置いてありますが、かなり寒いです。暖かい服装でおでかけください。手袋、マフラー、帽子、カイロなどのご用意を忘れずに。

もし防寒具を買い忘れた場合には、フェスティバルマーケットに100円均一ショップがありますので安心です。

ラグーナテンボスのアクセス

ラグナシア 【住所】〒443-0014 蒲郡市海陽町2丁目3番地

ラグーナテンボスのアクセスは次の通りです。車でも電車でも行くことができます。

車の場合

名古屋方面から

東名高速道路音羽蒲郡ICよりオレンジロード・247号中央バイパスを経由し、以降直進。 音羽蒲郡IC ~ラグーナテンボス 約20分(約12km)

【ルート詳細】オレンジロードで蒲郡方面へ、交差点「水竹町一反田」を左折、247号中央バイパスに入り、以降直進。

静岡方面から

東名高速道路豊川ICより、国道151号線を経由し、以降道路標識に順じて。 豊川IC ~ラグーナテンボス 約35分(約17km)

【ルート詳細】151号を直進、交差点「宮下」を右折、国道1号を直進、交差点「京次西」を左折し直進、交差点「御津町入浜」を右折し、23号に入り、以降直進。

電車の場合

JR名古屋方面から

名古屋~〈快速〉蒲郡(約40分)
※蒲郡駅より無料シャトルバスがあります。 約15分

JR静岡方面から

浜松~〈普通〉豊橋(約35分)~〈普通〉三河大塚(約15分)

※三河大塚駅より路線バス、約10分
●バス停「ラグーナ 蒲郡」 大人150円 子供80円
●バス停「ラグーナ ヒル」 大人130円 子供70円

※三河大塚駅より徒歩、約20分

ラグーナテンボスの駐車場案内

ラグーナテンボスの駐車場は大きくわけて、以下の5か所あります。

イルミネーションが行われるラグナシアに近い駐車場は、下記の(1)(2)です。

(2)フェスティバルマーケットの駐車場は2,000円以上買物すると、3時間無料になります。2,000円以上買物する前提で、5時間40分より短い駐車時間なら、フェスティバルマーケットの駐車場の方が(1)より安くすみます

スポンサードリンク

(1)ラグナシアの駐車場

乗用車 約1,000台 800円(1台)

(2)フェスティバルマーケットの駐車場

乗用車 約880台

100円(20分)最初の1時間は無料。
2,000円以上の利用で、さらに2時間無料。(最大3時間無料)

(3)ラグーナビーチ(大塚海浜緑地)の駐車場

乗用車 約320台 700円

ラグナシアから少し離れていますが、ラグナシアの駐車場より100円安く利用できます。

(4)タルゴ ラグーナ、ホテル ラグーナ ヒル、ラグーナの湯 の共通駐車場

乗用車 約250台 無料

ラグナシアからは離れています。基本的に3施設の利用者向けです。

(5)臨時駐車場(共通)

乗用車 約1400 台 有料

※各施設の駐車場が満車の際にこちらに案内されます。ラグナシアからは離れています。

駐車場案内図はこちら →駐車場案内図

ラグーナテンボス イルミネーションの混雑回避法

ラグーナテンボス ラグナシアのウインターイルミネーションは、クリスマス時期、年末年始、土日祝日は大変混雑します。

駐車場の台数は多いのですが、イルミネーションが始まる約1時間前位からラグーナテンボスに入場する車で道路が大変混雑するのです。

混雑回避法の案をお届けします。

(1)平日に行く

できれば平日に行きましょう。どうしても土日祝日に行きたい場合には、12月や年始を避け、11月や1月中旬以降に行きましょう。

(2)雨の日に行く

あえてお天気の悪い雨の日に行けばすいています。雨のイルミネーションも美しいですよ。

(3)早い時間に入場する

イルミネーションが始まる夕方直前は入場が混雑します。朝など早い時間からラグーナテンボスに入りましょう。ラグナシアのアトラクションを楽しんでもよいですし、フェスティバルマーケットでショッピングや食事をしてもよいです。ラグーナの湯に行ってもいいですね。

なお、ラグナシアは再入園可能です。出口で手の甲にスタンプを押してもらってください。ラグナシアとフェスティバルマーケットを行き来して時間を過ごせます。

(4)WEB チケットを購入しておく

WEB チケットであらかじめチケットを購入しておけば、混雑しているチケットブースに並ぶことなく、そのまま入場できるので、時間短縮になります。携帯電話やタブレットをお持ちの方は利用しましょう。

詳しくは →WEB チケット

(5)出口付近に駐車する

入場時間はばらばらでも、帰るときは一斉となるので、どうしても帰りの時間、駐車場や道路が混雑します。

広い駐車場ですが、入口付近ではなく、なるべく出口付近の場所に車を停めましょう。少しでも早く出られます。

ラグーナテンボスの周辺ホテル案内

遅い時間までイルミネーションを楽しんだら、一刻も早くホテルに入って休みたいですよね。

ラグーナテンボスには直営ホテル ホテル ラグーナ ヒルがあるので、一番近くておすすめです。
部屋は広く三河湾を見下ろす眺めもいいです。水平線に沈んでいく夕日が部屋の真正面に見えます。
隣接の「ラグーナの湯」の温泉が利用できるほか、全客室にラグーナの湯の源泉が給湯されているので、部屋でも温泉が楽しめます。

ただこちらのホテルは施設の性質上、16歳未満の方(乳幼児を含む)は宿泊できません
ホテル ラグーナ ヒルが満室だったり、子ども連れで宿泊したい場合には、下記をご参考にしてくださいね。ラグーナテンボスの近くの三谷温泉などに宿泊してもよいでしょう。

>> ラグーナテンボス ラグナシア周辺のホテル(楽天トラベル)

>>三谷温泉のホテル(楽天トラベル)

まとめ

ラグーナテンボス ラグナシアのウインターイルミネーションは名古屋から1時間で行ける、東海地方の人気イルミネーションスポットです。

入園料はかかりますが、遊園地で遊んだり、温泉に入ったり、ショッピングしたり、イルミネーションの他にもたくさん体験できるのでよいところですね。

なるべく混雑を回避して、楽しいイルミネーション デートをお楽しみくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です