インフルエンザ 風呂はいつから入れる?風呂場で感染しない?お風呂の順番は?

インフルエンザに罹ると大変ですよね。でもようやく症状も少しおさまり、熱も下がってきたとき疑問がでてきます。

インフルエンザがまだ治りきっていないとき、お風呂に入ってもよいのでしょうか? 熱が下がったら、お風呂に入れるのでしょうか? それとも完治しないとお風呂はダメでしょうか? もしお風呂に入れるとしたら、お風呂でインフルエンザが感染しないでしょうか? インフル患者はお風呂の順番を最後にすべきでしょうか?そんな疑問について調べてみました。

スポンサードリンク
  

インフルエンザのとき、風呂はいつから入ってよいか?

インフルエンザだけでなく、普通の風邪のときもそうですが、「熱があるときお風呂に入ってはいけない」、というのは医学的に根拠がないそうです。「インフルエンザ・風邪でお風呂をがまんする」のは日本だけ?かもしれません。

傷ついた細胞を修復する働きを持つ「HSP(ヒートショックプロテイン)」というたんぱく質を増やすために、わざと体温をあげるための入浴法もあるくらいです。

もちろん高熱のときはお風呂に入る元気もありませんし、体力も消耗するのでお風呂はやめましょう。

基本的には「熱が下がったら」または「微熱程度の熱があっても元気があれば」お風呂に入っても大丈夫です。

お風呂に入っていい場合とダメな場合、お風呂に入るときの注意をまとめてみました。

お風呂に入ってよい場合とダメな場合

お風呂に入ってはダメな場合

高熱のとき、また、咳、喉の痛み、頭痛、関節痛、腹痛などの症状がひどいときはお風呂は避けましょう。

高熱やインフルエンザの他の症状がひどくてつらいときは、お風呂に入る元気もありませんし、入浴で体力を消耗したり、症状が悪化するおそれもあるので、お風呂は避けましょう。

お風呂に入ってもよい場合

熱が微熱(37℃くらい)以下に下がり、お風呂に入る元気があるときはお風呂に入ってもよいとされています。

体をさっぱりさせたい、お風呂に入りたいという意欲があり比較的元気な場合、かつ咳や喉の痛みなどの症状がひどくないときは、お風呂に入っても大体大丈夫です。

インフルエンザのときお風呂に入るときの注意

インフルエンザのときお風呂に入るときの注意事項です。

★入浴は短時間にする

長湯をすると体力を消耗しますので、入浴は短時間にとどめておくのが無難です。

★水分補給はしっかりと

入浴前後に水分をしっかりとりましょう。

スポンサードリンク

★湯冷めをしない

部屋や脱衣所は暖めておきましょう。また、お風呂から出たら湯冷めをしないようにすぐバスローブやパジャマを着るなど、暖かくしましょう。

★早く寝る

お風呂から出たら、なるべく早くお布団に入って休みましょう。

★タオルは共有しない

入浴時のタオルやバスタオルは家族と共有せず、単独で使いましょう。

★できれば最後に入浴する

下の章でもまとめますが、お風呂でインフルエンザが感染する確率は低いですが、念のため、家族の中でお風呂は最後に入ると気分的にも安心です。

インフルエンザはお風呂で感染するか?

インフルエンザはお風呂場で感染する確率は低いです。それはインフルエンザウイルスは高湿度に弱いからです。

1961年にG.J.Haperによって発表された”Survival test with for viruses”という論文では、インフルエンザウイルスの生存率について、次のようになっています。

●温度21~24度で湿度20%に保った時の、6時間後ウイルス生存率は60%

温度21~24度で湿度50%に保った時の、6時間後ウイルス生存率は3~5%

風呂場のような高湿度の環境ではウイルスの生存率は低いです。ですから風呂場内でのインフルエンザの感染はあまり心配する必要はありません。

ウイルスの生存率を低くするためには湿度が高い方がよいのですが、あまり湿度が高いと結露やカビなどの問題がでてしまいます。またインフルエンザが流行する冬にあまり高い室温を保つのも現実的ではありません。

ですから、風呂場ではありませんが、冬場にインフルエンザを予防するために最適な室温と湿度は、温度18℃~22℃、湿度50%~60%くらいがよいでしょう。

湿度が足りない場合には加湿器を使ったり、濡れタオルや洗濯物を干したり、観葉植物を置くなどの対策が有効です。

インフルエンザ患者のお風呂の順番は?

風呂場は高湿度のため、インフルエンザ感染の確率は低いとまとめましたが、そうはいっても感染の可能性はゼロではありません。

インフルエンザ患者とタオル、バスタオルなどを別にするだけでなく、感染していない家族は先に入浴してしまい、患者は最後に入浴する方が安心です。

まとめ

インフルエンザに罹っても回復期で熱もある程度下がり、元気がでてきたときには基本的にお風呂に入っても大丈夫です。自分の体調と相談しながら入浴しましょう。

その際、水分を十分にとり、湯冷めしないように暖かくして早く寝るようにすればよいです。

お風呂に入ってさっぱりして、インフルエンザも早く完治するといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です